カマグラゴールドの注意点

カマグラゴールドを使う上での注意点は意外と多いですが、守るべきものを守ればそこまで恐れることではありません。


最も気をつけて欲しいのは有効成分のシルデナフィルについて、併用禁忌薬が存在しているというのは気をつけるべきです。


元々血管を拡張する作用がある成分なので血圧や心臓、血管に関する治療薬と一緒につかってはいけないなどあるので、医薬品の成分サイトなどで調べておくことを強くオススメします。


もし心配ならメンズクリニックでバイアグラを1錠処方してもらいつつ、自分が使っても大丈夫か相談してみるのが良いと思います。


それで問題ないならカマグラゴールドも同一成分ですから使用しても問題ないであろう、という判断になるかなと思います(あくまで自己責任ですが)


私も最初はメンズクリニックでバイアグラを処方してもらっていたのですが、薬代がバカにならなくてカマグラゴールドに手を出したという経緯になります。




成分についての注意点をクリアしたら、あとは飲む時のシチュエーションに関する注意が殆どだと思います。


あくまで個人的な結果ですが、食後の服用は全くといっていいほど効きません。


ですのでデートの食事後にすぐ飲んでしまうと、そのあといい感じになったところで全く機能しないということになります・・・。


具体的には食事を摂ってから3時間は経ってないと効き目がなかったので、これを私は基準にしていますが個人差があるので自分のタイミングを知ることは重要です。


しっかり成分を吸収したいのであれば空腹時に飲むものですし、これはまぁ自己責任という話ですが、お酒を飲みすぎても効き目がなくなってくるのが痛いところです。


お酒に関しても個人差があるようなので、せっかく用意したカマグラゴールドを有効活用するためにも、諸タイミングは考えておいた方が良いでしょう。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドは医薬品ですから副作用というのも当然ながら存在します。

そもそもの話、カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラと同じ成分ですから副作用もないわけがない、ということになりますね。

もちろんどの程度の強さで出てくるかは人によってかなり違いがありますので、バイアグラで副作用が出たがカマグラゴールドでは出なかった、という方もいますし逆も然りです。


具体的にどのような副作用があるかというと、顔のほてり、目の充血、鼻詰まり、頭痛、動悸あたりが多く報告があるようです。

他にも1%未満の確認率であるものを挙げるとキリがないので詳細は医薬品の成分についての解説サイトを検索してみてください。

というかカマグラゴールドの入手を検討しているのであれば個人輸入での入手になるので、自己責任で調達、使用がルールとなっている以上、一度はご自分で調べないといけないことだと思います。


話を戻しますが、主な副作用というのはカマグラゴールドやバイアグラなどの有効成分であるシルデナフィルの効果である血管拡張によるものですので、目の充血だったり顔のほてりといった明らかに血管拡張が原因のものはある程度は覚悟しておいた方が良さそうですね。

どういった副作用が出るかは相性にもよりますし、私の場合はほてり、充血、動悸はカマグラゴールドでもバイアグラでも出ましたが、頭痛と鼻詰まりについてはバイアグラのみ出た状況で、特に頭痛はひどかったです。

だからこそカマグラゴールドが気に入ったというところでもあり、単純に価格で選択したということではなかったりもします。

この辺りは試してみないことには分からないところでしょうし、これこそが自己責任の個人輸入といったところでもあるのでしょうね。

カマグラゴールドの使い方

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品ですので、使い方に関しても同様と言えますので基本的にバイアグラの情報を参照すると良いです。

1点注意が必要なのは、カマグラゴールドに限らず海外製のバイアグラも含めて1錠あたりの用量が多い製品がけっこうあります。

具体的には有効成分のシルデナフィルが100mg入っているものが該当しますが、これは日本国内で処方されている用量の最大値が50mgなので2倍に相当します。

なぜかといえば海外の成人男性が日本人より大きいからという話なだけなんですが、これを知らずに100mgの錠剤を飲んでも知りませんよっていうことですね。


医薬品のデータベースを調べていただければ分かりますが日本の成人男性への用量は25mg~50mgまでとなっています。

こういう点で海外製の医薬品は注意しなくてはいけなかったりしますので、カマグラゴールドに限らず注文しようとしている医薬品の情報は調べておくべきかと思います。

また一緒に遣ってはいけない薬の情報なども簡単に出てきますから、こういう情報を調べるのは一種のマナーかなと個人的には考えています。

というか自分の身体に入れるものなのでしっかりと調べておきたいという感じなので私の場合は注文する前にしっかりデータベースの情報を熟読させてもらいました。

お医者さんの診断とは違うので面倒に感じるところもあるかもしれませんが、やはりこういうのはしっかりやっておきたいところですからね。


結局のところそういうのが面倒で高くてもいいので処方薬をもらう方もいるわけですし、手間というほどではないですが手間をとるかお金を取るかだと思います。